スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひようぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)=写真=の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれる。ベスーン被告は、調査捕鯨船団の乗組員(24)にけがをさせた傷害罪のみ否認する見込み。SSの一連の妨害行為が初めて裁かれる公判のポイントは傷害罪の成否に絞られる。

 弁護人によると、ベスーン被告は酪酸を飛び散らせて乗組員に軽傷を負わせたとされる傷害罪以外を認めた上で、「けがをさせようと思ってやっていない」と供述。故意はなく傷害罪は成立しないとの主張を法廷でも展開していく。

 これに対し検察側は、SS関係者の取り調べができず直接証拠を集めることが困難な中、調査捕鯨船団の船員への聴取などから状況証拠を積み上げた。「一歩間違えれば失明したかもしれない行為」などと、傷害罪について故意があったことを立証していく。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に向かって酪酸入りのガラス瓶を放ち、異臭を拡散させて業務を妨害、乗組員1人にけがをさせた。同月15日には、第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り船内に不法侵入するなどした。

【関連記事】
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
赤松農水相「毅然とした態度で対応すべき」 SS代表に逮捕状で
SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
続く「アカデミー賞」の日本たたき 鯨肉出したレストランを訴追

戒告処分の前部長天下り 福岡県町村会不正事件 (産経新聞)
<参院選>地方で進む自公の「復縁」 バーターの成否、選挙戦の行方に影響?(毎日新聞)
JR西日本 試運転の新型車両から部品落下(毎日新聞)
死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに(産経新聞)
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る―東京消防庁(時事通信)
スポンサーサイト

アスベスト訴訟 石綿紡織業100年間の歴史 泉南地域(産経新聞)

 泉南地域では明治40年に石綿から糸や布を作る石綿紡織業が起こり、地場産業として発展した。平成17年11月の生産中止まで約100年間の歴史を持つ。

 戦前は軍需産業を中心に特需に沸いた。戦後は造船や自動車、鉄道などの民間向けの需要が高まり、高度成長期に再び活況を呈した。最盛期の昭和40~50年代は下請けを含めると200以上の工場が立ち並び、約2千人が従事。全国の約7割を生産した一大集積地だった。

 業者の大半は零細で、狭い地域にいくつもの石綿工場が密集する「石綿村」と呼ばれる地区も。工場内は石綿の粉塵(ふんじん)が舞い上がる劣悪な労働環境だったが、安価で用途が多岐にわたる石綿は経済成長に欠かせなかったため国の規制が遅れ、被害が拡大したとされる。

 泉南地域の石綿被害と市民の会の柚岡一禎代表(67)は「熟練技術を必要とせず、3K職場ゆえに日銭がよかった石綿工場の従業員には、定職に就くのが難しかった地方出身者も多かった。彼らはその後、地元に戻るなどして、問題発覚が遅れてしまった」と指摘している。

石綿を高温蒸気で無害化、セメントに再利用 NEDOなど共同開発
石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴
学校のアスベストで中皮腫 教諭が全国初の公務災害認定へ
京都の建設労働者がアスベスト被害者の会設立へ
石綿肺発症を初確認 クボタ旧神崎工場周辺の住民
少子化を止めろ!

感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>福井県知事と首相が会談 地域振興など協議(毎日新聞)
【裁判員考】制度施行1年(上)起訴~公判前整理手続き 遅れる書面、審理滞留(産経新聞)
転落 東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
<地ビール>人気再び 若い世代、ワインのように(毎日新聞)

東北新幹線 はやぶさ来春投入 八戸-新青森間12月開業(毎日新聞)

 JR東日本は11日、東北新幹線八戸-新青森間(81.8キロ)を12月4日に開業し、11年3月に導入する次世代新幹線「E5系」の列車名を「はやぶさ」に決定したと発表した。 開業時は従来の「はやて」で東京-新青森間を1日15往復し、仙台-新青森間、盛岡-新青森間も各1往復する。東京-新青森間は約40分短縮の3時間20分となる。3月の「はやぶさ」投入でさらに10分短縮され、13年度末には国内最速の時速320キロ運転で3時間5分で結ばれる。

【写真特集】これは格好いいロングノーズだ…E5系の内外装をいろんな角度からみる

 公募した列車名の応募総数は15万372件。社内選考の結果、3129票で7位だった「はやぶさ」が「スピード感にピッタリで親しみやすい」と採用された。応募1位は「はつかり」(8948票)▽2位「はつね」(7184票)▽3位「みちのく」(5904票)だった。

 「はやぶさ」は東京-熊本間を運行し09年3月に廃止されたブルートレインの愛称だった。国内最速の列車名として復活する。

 「はやぶさ」に新設する国内初のファーストクラス「スーパーグリーン車」は、仏語と英語を組み合わせた造語の「グランクラス」と命名した。【斎藤正利】

【関連ニュース】
【写真特集】元祖はブルートレイン 寝台特急「はやぶさ」の貴重なショット満載
【写真特集】顔みたいに見える新800系「つばめ」が民家の軒先に迫る
【写真特集】さようなら、超人気新幹線500系「のぞみ」 惜別の東京駅
【写真特集】新青森駅に入線する試験車両「イーストアイ」など 全国の新幹線図鑑

入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う-栃木(時事通信)
素朴な“青空市” 街のにぎわい創出(産経新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)
コンビニ強盗未遂容疑 自衛官を逮捕 京都府警(産経新聞)
プロフィール

ミスターまさあきふなつ

Author:ミスターまさあきふなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。